2017年3月1日水曜日

原因の分からない身体や 心の症状には

世の中には
変わったアレルギーを

持っている人がいる。

と いうことは
テレビなどでも
これまでに取り上げられているので、
ご存じ かも と 思います。



かくいう、わたしも、
その変わったアレルギーを持つ人、でした。




「でした」 ・・・ と いう表現に、
それは、過去形に なっている
と お気づき
に なりました?



そう。
身体に現れるアレルギーでしたが、
本当に、変わったアレルギーで、

しかも、原因が まったく分からず、
辛かったわけですよ。


それは、
高校 一年の マラソン大会で
ある日 突然、起りました。


ラブストーリーは 突然に。
でしたら、よろしいのですがね
。。。



日常で困ることもありましたけど、
あることを避ければ、
アレルギー症状は とりあえず・・

回避できます。


。。。が、
健康上は かんばしくない。


本当は、したいのに、できない。


そのジレンマも ありました。


アレルギーとなる原因が、
まず見当たらない、

と いうことに始まって、
原因が分からないことには

治療の方針も 立たない。


と いうことでも ありますね。


考えられることは
メディアや書籍などで調べて、
あらゆることを試みましたが、
そんな状態でありながらも、
病院の診察は 受けませんでした。




どうしてなんだろう? 
とも 思いますが、

今 思えば、

診察では治癒しないことを
そのとき、既に 

わたしが知っていたのでしょう。

16歳の その時点で。



その症状については、
亡母や祖母、

兄にも話しませんでした。


それも、肉親たちには関係ない、
と いうことも 

知っていたのでしょうね。



そして、
その症状について話したのは・・・

のちに 知ったことですが、
その症状を

今生に持ち越してきた原因を作った、
過去生つながりの人にだけ、でした。




それを話すと、
奇妙なアレルギーだと、
なぜか、ののしられましたけどね~。



それも、そうでしょう。

その人が原因なのですから。




・・でもですね。

その人も、
その症状を 疎みながら、
ののしりながらも、


それが自分に起因している、
と いうことを 

どこかで感じていたのか


こうすれば改善できるのではないか、
と 思えるようなことを
一緒に 試みさせようと 
していました。



何度も、何度も。


でも、それは、
わたしにとって、辛いだけ。
そんなことでは 改善しませんでした。



けれど、
その症状は、
その人と離れることに始まり、
そして、のちに わたしが
その人との

過去生での出来事を知るに至ること。


そして、それをキッカケに
過去生ヒーリングを 

自ら作り上げたことで、
思わぬ展開を していきました。




気がつけば、
その症状が・・・・ 

なくなっていたのです。


あのときの喜びと 
驚きと いったら!



自らの過去からの声に
耳を傾けたことで、
解放されていった、


と 言えると 思います。


原因の分からない身体や
心の症状などには、
過去にあった背景や 

出来事を知ることだけでも、
解放と 浄化は 始まります。


。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:

わたしたちは、皆、
様々な時代を

何度も輪廻転生してきて、
今また、この乱世とも言える、

激動の時代に
再び 転生してきています。



これまでにも、
セッションを受けられた方からの
ご感想でも・・・


魔女狩りで 処刑された人や・・・
戦で 敵陣の矢を あびた人や・・・
言われない反逆に 遭った人や・・・




身体に現れる症状だけでなく、
繰り返し抱く感情や、

起こしがちなパターンにも、
過去生から持ち越したものが
影響していることが
意外ではなく、多いものです。




全てが そうである、

とは 断言できませんが、
そういったことからも、
過去を知ることの大切さがある、
と、わたしは思っています。




知ることで、
自分の生まれてきた意味と目的や、
全ての存在の意味が 

分かることも ありますから。




そして、それは、
自己探求にも つながると思います。



過去生回帰で探求してみませんか?


★ 過去生回帰

ヒーリングの感想




三月は、
過去に犯してきた
様々な過ちを懺悔する月。

過去を癒し、
未来のために努力する月。


創造力を持ち、
人生を開花させる月です。



マンスリープログラム



■ 花音:個人セッション ご利用案内 ■
セッションは ご自宅で受けられますので
お越しくださる必要は ございません


お勧めメニュー  ● セッションの受け取り方

今月のお勧め   ● いただいた ご感想から


◆ 問い合せ


Web Site

0 件のコメント:

コメントを投稿