2017年4月19日水曜日

どんなフィルターを かけているか


災い と 聞いたら、
まず、何が浮かびますか?



● 事故や災害
● 盗難
● 突然の病気
● 人間関係のトラブル
● 親しい人との別れ
● 不快な出来事



とっさに思いつくのは、
こうしたことが

多いかもしれませんね。


他には、
家族や自分の予期せぬ移動などで
生活スタイルが一変したり


そのストレスと疲労から
ダウンしたり

と いったことも


短期間にイロイロあると、
混乱してしまうこともありますね。




「なにか、

いけないものでも ついているのか?」


なんて思いめぐらしては
不安になったりするかも。




でも、たとえば、

事故に ついても、
その状況では、
大事故になっても 

おかしくないのに無傷で済んだ。 

なんてことも あったりしますね。


大事な会議の日なのに、
寝坊してしまい、
バスや電車に乗り遅れたために、
事故を回避できたことも
実際、あったりしますよ。



病気ひとつしたことが無い
猛烈サラリーマンが
入院することになったことで、
夫婦で話しあう時間が持て、
今後の生き方を

見つめ直す機会に なったり。


まとまって起こることもあるので、
受け入れがたい時も ありますが、
起こることには
気づかせてくれる何かが 
あったりします。




災いは、

きちんと理解しておけば、
怖がることはないんですね。



それは、
人が 一生のうちに

体験するものであり、
ずっと続くものではないからです。



道理を理解していないことから、
起こることもありますが、


理解しようとするなら、
追い払えるようになるんです。




正確に言えば、
さほど動じなくなると思います。



事前に知っておくことで、
心の準備が出来ることもありますし。



大切なのは、
克服しよう!と いう
強い意思を持つことでしょうね。


そして、
長い学びの過程になることもあるので、
それに耐える決意をすることでしょう。




耐える ということは、
その大きさや

期間に違いはあっても、
誰にでも、必ずあると思います。



自分が置かれている状況や

立場が どうであろうと、
それを どう捉えるか。


受け止めるか。


不運を嘆いて うつうつと過ごすのか。


そこに学ぶことを見つけていくのか。



これでも、手にする結果が変わります。




人は 
何もないこと、

平穏に過ごせることを
「よし」 「いいこと」 として
判断しがちです。




自分が周囲の出来事に
どんなフィルターを 

かけて 見ているか。


と いう判断の目安にも
なりますね。



すべての状況を自分を磨くため、
鍛錬と修練のため 
と して、
受け容れることが できたら


動じず、
受け流せるようになると思います。




意識を変えていくことより他に、
本当の向上や

成長は ありませんし

努力なしに 

知恵を身に つけることは
不可能なんですね。



読んだだけ、聞いただけで
理解できたり、体得できたり


ましてや、
解決や修復することは、
まず、難しいと 思いますよ。




読んだだけ、聞いただけで
得られるエネルギーは、
微々たるもの、そこまで 


と いうことは、
誰もが

知ってはいると 思うんです。



大切なのは。

そこから先に進めるか、
踏み出せるか
 で、
それから先が 決まってきます。



そこに至るまでに 
かなり時間が かかることも、
あると 思いますけど、
それも、その人の行動の選択

なんですけどね。



一度に 出来るものでもないので、
これ自体にも 鍛錬がいります。


要は、

「慣れ」でもありますね。


ですが、そうなれば、
築き上げたものが

失われることは ありませんよ。


それが また、自信にもなる。
と いう 

嬉しい おまけ付きですから



*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

四月は、
お釈迦さまも
生を受けた春爛漫の月。

先祖への感謝を捧げ、
自らのルーツを知り、
潜在能力を開花させる月です。


 マンスリープログラム



■ 花音:個人セッション ご利用案内 ■
セッションは ご自宅で受けられますので
サロンへのご来店は不要です


お勧めメニュー  ● セッションの受け取り方

今月のお勧め   ● いただいた ご感想から


◆ 問い合せ


Web Site






0 件のコメント:

コメントを投稿