2017年6月18日日曜日

小さいことを 放っておくと・・・

わたしたちは 誰もが
野中の 一軒家で
暮らしているわけでは ないので、
人との関わりなしに 生活できません。


その関わりの中で、
心に ひっかかることや、
時には  トサカ に くるようなことも
あるわけです。


「 だって、にんげん だもの」



心の中で
ひっかかっていること が あっても、
注意を むけることが
少なくなっているほど、
現代人は 忙しい日々を 送っています。


心の ひっかかりが 
整理  できていないため、
自分の中に
どんな感情が 隠れているのか、
分からなくなっているのですね。



そのため、ときとして
他人に ぶつけてしまうことが あります。


もちろん、
他人だけでなく、家族や親しい人にも、
それは 自然~に 向けられていきます。


無意識に  そうしていることも ありますね。



それが、相手に ぶつけている。

と いうこと自体も 気づかなかったり
気づいていても、
それが なぜなのか 分からない。


分からないから 尚更、
居心地が 悪かったりも するでしょう。


それが
人から敬遠されている原因に
なっていることも、
少なからず あるのですね。。。



なので。

・・・ 気がついたら、人が離れている。

でも、それが 何故なのか 分からない。


この繰り返しに 
なっていることも あります。


↑ これは、カルマに当たります。

*--------------------------------------------------------*

以前、ある方が、ある方のことを
こう 申しておりました。


「みんな、●●さんが 好き。
でも、みんな ●●さんから 離れていく」


わたしは 、
お2人とも 存じていますが、
実際に
その人と 交流するなり  しないと、
言っていた人の 言葉の真偽は
分かりません。


片方の言い分、主張のみで判断など、
出来るはずも ありませんしね。


真偽の 確認の しようもなく、
そのまま 放置していたのですが


あるとき、
それを 知るような経緯 が あり、
あのとき
あの方が言っていた言葉の意味と
そう言わざるを得ないことが
分かりました。



その過程で、
その 人が離れていく。
と 言われた人の
こころの傷に触れる機会も ありましたし。


↑ 言葉の 端々に 現れるんですね。


あまり 詳しくは 書けないので、
読んでいる方に とっては、
なんのこっちゃ?
と  お思いでしょうけど(あせ


そう 言われた人 に とっては、
なぜ 人が 離れていくのか 分からず、
そのまま 継続しているから、
心中、穏やかでは
ないのかも しれませんが・・・



その 人が離れていく 
と いう方に、
誰かが その原因や理由を
教えてあげられると 
また違うのでしょうけど
どうも、それが ないようなんですね。



その理由も、その方と接してみて、
分かっては いきましたけど。


その お2人の方とのコンアクトにより、
改めて 実感し、
確認したことが あります。


それは、

心のメンテナンス を することで、
自分と 他人との関係性にも 柔軟になり、
気遣いができるようになる効力があること。





小さいことでも、放っておくと
大きい問題に 発展していくことが
多々 あります。






はっ! と することが
30回 続くと 大きな事故が 起こる。

と 言われているのも、
納得できますね。



ですから。
すべては、小さなことの積み重ね です


ローマ は 一日にして ならず



小さいことを 放っておくと、
いつの間にか 大きいことに
なってしまう わけですね。


気にかかっていることを
そのままにせず、
やり過ごさないで
注意を向けてみることを
お勧め します。






大事なことは、
自分の気づかないところに あります。




気にかかること、
心を 占拠していることに
注意を向けることで、
自分を見つめなおすキッカケに
なっていきます。



そこで 気づかせてくれるもの が あり、
生きる新たな力を
生み出していくと思います。


こころのお掃除には、
感情のデトックス が お勧めです。

◆ 体験談


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-

Line@ 始めました。

お得な情報を先行で お届け

Line@配信内容


友だち追加

ID:@ jhu7315f
-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-
 
六月は 「調和」を意味することから、
 壊れることのない絆や契約、
 慈愛に満ちた世界を象徴することが
 テーマの月です。

 マンスリープログラム



■ 花音:個人セッション ご利用案内 ■
ご自宅で受けられますので
サロンへのご来店は不要です


セッションメニュー  ● セッションの受け取り方

メニューの選び方   ● いただいた ご感想から


◆ 問い合せ


Web Site

0 件のコメント:

コメントを投稿